メニュー

診療科目

内科

検査各種(血液検査・レントゲン検査・超音波検査・心電図・CT・骨密度測定・動脈硬化測定)を行い、 一般内科の診療と生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)の診療を行います。

泌尿器科

検査各種(血液検査・レントゲン検査・超音波検査・心電図・CT・骨密度測定・動脈硬化測定)を行い、 一般内科の診療と生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)の診療を行います。

慢性腎不全・血尿・尿失禁・排尿困難・膀胱炎・前立腺炎・尿路結石・前立腺肥大症・前立腺癌・ 尿路悪性腫瘍・性行為感染症等

検査

尿検査・尿流量測定・膀胱機能検査・尿路造影検査・膀胱鏡・尿管鏡・前立腺生検(日帰り検査)・腎生検・クレアチニンクリアランス

治療・手術

前立腺高温度治療・干渉低周波尿失禁治療・経尿道的膀胱前立腺手術・経尿道的尿管砕石術・尿失禁手術・ 包茎手術・パイプカット・経尿道的膀胱腫瘍切除術

腎臓内科

腎臓は沈黙の臓器と呼ばれるほどに腎臓病は無症状のまま発症し、さらに進行します。 そのまま悪化し、症状がでた段階では多くの場合手遅れとなります。 早期発見には検尿にて血尿やタンパク尿などの尿所見異常を知ることです。 また、血圧の異常としてあらわれることもあります。 したがって、検診などで尿や血圧の異常が見つかった場合、当院の腎臓内科で精密検査を受けてください。 昔から腎臓病は不治の病といわれ、手当てには安静と食事療法しかありませんでした。 しかし、医学の進歩のおかげで腎臓を保護する薬として、血圧を下げる薬や毒素を吸着する薬、貧血や骨障害を改善する薬などが開発されました。 治療の基本はいまだに日常生活の注意や食事療法ですが、これらの薬をうまく組み合わせることで、腎不全の進行を阻止することも夢の出来ごとではなくなりました。